カードローン 主婦と総量規制

貸金業の法律が2010年に改正され「総量規制」という新しい法律ができました。総量規制というのは貸しすぎや借りすぎを防ぐための制度で、貸金業者からの借り入れ残高が年収の3分の1までという制度です。簡単に言うと、年収300万円なら100万円までは借りられますよということです。

 

しかし問題なのは固定収入の無い主婦の場合です。これではどこからも借りることができないのではないか、と思われるかもしれませんが、ちゃんと借りられる場所はあります。

 

身近な消費者金融からは残念ながら借りることはできませんが、銀行系のカードローンであれば総量規制の対象外になっていますから、利用することができるのです。

 

主婦を対象としたカードローン

 

お給料の無い主婦を対象としたカードローンは、手続きをすれば即日貸してもらえますが、貸し出し限度額は低く設定されています。少し不便なところもありますが、決められた金額までなら収入証明書が不要だったり、家族の同意がなくてもカードローンを利用できたりするカードローン会社もあり、大きなメリットも存在しています。

 

カードローンを利用したいと考えているのは、お給料のある方々だけではありません。むしろ、日々家計簿とにらめっこしてはため息をつく主婦の方が、カードローンを利用したいと強く願っている人が多いと考えています。節約に努めても、実際に節約できる金額はほんのわずかなのですから、それも当たり前というものです。

 

以前までなら、キャッシングもカードローンも主婦には現実的な手段ではありませんでした。しかし、カードローン会社も主婦のニーズに合わせたプランをどんどん出してきています。カードローンを上手く利用するために、積極的な情報収集で自分にぴったりと合ったものを選んでいきたいものです。

↓オリックス銀行よりもおすすめのカードローン↓

 


 

アコム