実は融資限度額が高め!便利なオリックス銀行カードローン活用法

現在、多くの銀行カードローンは融資限度額を500万円ほどに設定しています。

 

この点、オリックス銀行カードローンは融資限度額が800万円であり比較的高い水準にあります。しかし、中には1000万円までの融資可能なカードローンもありますので、以下比較をしてみましょう。

 

・大手銀行カードローンの融資限度額・年利一覧

 

三菱東京UFJカードローン:融資限度額500万円・年利4.6〜14.6%

 

楽天銀行カードローン:融資限度額500万円・年利4.9〜14.5%

 

みずほ銀行カードローン:融資限度額1000万円・年利4.0〜14.0%

 

ジャパンネット銀行:融資限度額1000万円・年利2.5〜18.0%

 

オリックス銀行カードローン:融資限度額800万円・年利3.0〜17.8%

 

こうして比べてみると、他の大手銀行系カードローンと比べ、オリックス銀行カードローンの融資限度額は一見平均的なものに見えます。

 

しかしながら、銀行系カードローンは、カードローン全体の中でも融資限度額が高いのが通常ですから、消費者金融系の平均融資限度額が200万円程度であり、多い所でも500万円程度である点に鑑みると、オリックス銀行カードローンの融資限度額800万円という数字は、カードローン全体の中では、相当高水準であると言えます。

 

借り換えローンを考えているのなら、融資限度額800万円のオリックス銀行カードローンが便利!

 

800万円と高い融資限度額を誇るオリックス銀行カードローンであれば、大口融資も期待出来ます。また、複数ローンを一本化する、いわゆる借り換えローンやおまとめローンを組みたいのであれば、オリックス銀行カードローンがとてもオススメであると言えます。

 

なぜなら、借り換えローンやおまとめローンは、複数のローンを一本化する分、合計額がそれ相応に高くなってきます。そうすると、例えば融資限度額が200万円と、比較的低めの消費者金融系のカードローンを用いて借り換えローンを組むより、銀行系カードローン、特にオリックス銀行カードローンのように融資限度額の高いものを選んだ方が、上限額まで余裕のある分、審査にパスし易くなってくるのです。

 

仮に200万円分の借り換えローンを組むことを考えた場合、融資限度額を200万円に設定している消費者金融系カードローンに申し込んでも、限度額一杯の額を低金利で融資してもらう、という申し込み内容になるので、結果、審査に落ちてしまう確率も高くなってくるのです。

 

しかし一方、オリックス銀行カードローンは融資限度額800万円ですので、200万円という額は、限度額まで余裕ある分、限度額に対して少額であると見られるので、審査にパスし易くなることが考えられます。

↓オリックス銀行よりもおすすめのカードローン↓

 


 

アコム